燈盞の物語り


燈盞の物語り < 燈盞の物語り

 燈盞の物語り

燈盞は電気が実用化されていなかった時代、油皿に灯油を盛って、そこに灯芯を浸して火を灯し、暗闇を照らす照明道具として用いられていた。博物館にはこの他に燭台など、時代を遡って、その時代ごとの照明道具を展示している。これら多様多彩な形と美しさは歴史的且つ民俗的な趣が感じられる重要な歴史文化遺産である。